我流的人生告白

退屈な人生を送らないために、私生活を記録します。

我輩は暇である。

最近は仕事が忙しくない。つまり特に締切の近い仕事がなく、緊迫感のない日々が続いている。業務改善として、何か出来ることがあるかもしれないが、そこまでのやる気はなく、会社のためというよりは、自己啓発の為に時間を使いたい。なので、特に急ぎの仕事がない時間は、一応業務に関係のある英語の資料を読み、英語の勉強をしている。

28歳の今、定年まで会社に居続ける気持ちは完全にない。単純に今の業務に興味がないことが大きい。目標がないのだ。目標なきものに対し、ダラダラと時間を使うのは人生を無駄にしているようなものである。幸いにも、この歳で興味のある、チャレンジしたい事がみつかり、それに向けて動きだそうと計画段階にある。